私たちの身体は季節に合わせて、微妙に変化しています。
ここでは、春夏秋冬での身体の変化をご説明します。

▼春の身体 

 

腰椎緩む春
春は寒さによる緊張が解けて、腰部が緩みます。
腰部は生殖器と関係が深く、腰部がゆるむこの時期、
犬など4本足の動物は発情期に入ります。
人の場合、腰部→肩甲骨→後頭骨の順に緩んでいきます。
春は腸に不調が現れ易くなりますが、
これは冬に溜め込んだ皮下脂肪など余分なものを出して、

身体を切り替える為の変化です。

春の身体の変化
血圧が変化しやすくなります。
首・肩こりや寝違えが起こり易い時期でもあります。

 

 ▼夏の身体

秋の身体をつくる準備期間
夏は暑さにより発汗が促進され、

自然と身体が調整されます。
その為、病気やトラブルは比較的少ない時期です。

 

汗をかきましょう
エアコンの部屋でずっと過ごすのは、自ら体の
調節機能を衰えさせてしまうようなものです。

この時期は、どんどん汗をかきましょう。
ただ、現在は熱帯夜が続くこともしばしばですから、

上手にエアコンを使うことが重要ですね。

▼秋の身体

 

食欲の秋?1
秋になると発汗の機会が減り、腎臓と泌尿器系統の

負担が増えます。夏にたっぷり汗をかいていれば
よいのですが、そうでないと腎臓と泌尿器系統への
負担は過剰になります。
また、昼夜の寒暖差が激しくなり、体温調節に関係する胸椎5番の可動性を悪くします。これが胸椎10番に
伝わり、胃酸過多や胃拡張が起こります。
結果、食欲がわくのです。
むやみに食べたくなるというのは、腎臓が疲れている証拠です。食べ過ぎて、それ以上の不調を
引き起こさないように注意しましょう。

食欲の秋?2
1で述べた理由の他、食欲UPには冬への準備のためと
いうことが挙げられます。
しかし、欲求に任せて、食べ過ぎないように
注意しましょう。

 

▼冬の身体

身体の休息期
春、活動期に入った身体は休息期に入ります。
ただ、夏に汗を十分にかいていないと、様々な不調に

悩むことになります。

水分を十分に!
空気が乾燥するこの時期、身体に水分が不足
しがちです。
それに加えて、寒さの為身体が溜めた皮下脂肪により、

皮膚呼吸も妨げられがちになり、肺への負担が増え
呼吸器系統の疾患が増えます。
この時期は、皮膚や肺を潤す為に水分を十分に補給する

ことが重要です。
ただ、効率よく吸収するためと、臓器を冷やさない
為に、暖かい飲み物が一番です。

 TOPICSへ

Copyright(c) 関整体術院. All rights reserved