施術の流れ

1;ご予約・・・まずは、お電話かご予約フォームで、ご予約ください。
  ↓
2;問診・検査・・・既往症や生活習慣等、お聞きします。
  不調を引き起こす原因は、ひとつとは限りません。あらゆる角度から原因を見極めます。
  (整体各コースは、脊椎・骨盤・筋肉・関節の検査も実施)
  (耳つぼ各コースは、耳電探測器により適応つぼを見極めます。)
  ↓
3;施術・・・個々に合わせた心地よさにて施術。(耳つぼ各コースは、粒針の貼りつけ)
       また、施術内容は基本手技プラス個々の症状に合わせた技術となります。
  ↓
4;改善確認・・・痛みや可動域の改善状況を確認をいたします。
  ↓
5;予防指導・・・生活習慣の改善点や、予防体操など役立つアドバイスをいたします。

施 術 風 景

関整体術院では、数ある手技の中から、お身体の状態に合わせ、負担を掛けないよう施術を行っております。
全てを掲載できませんので、ここでは施術風景の一部をご紹介いたします。

整体療術/骨盤矯正足つぼ反射区療法 | 耳つぼダイエット/耳つぼ反射区療法


整体療術/骨盤矯正
 例えば傷を受けると、血液は凝固し血液の流出を防ぎ、白血球が集まり菌の進入を防ぎます。
 これが、人間本来の自然治癒力です。当院では、これら人が本来持つ自然治癒力を高めることと、
 歪んだ骨格の調整で、不調からの根本改善を目指した融合療法を行っています。

関整体術院(ほぐし写真)

関整体術院(つぼ押圧写真)

筋弛緩術
全身の筋肉をくまなくほぐします。癒し効果も抜群!
「スーッ」と疲れが抜けていきます。
総合つぼ療法
じっくりとした押圧により、気血の流れをスムーズにし、
自然治癒力を高めます。

関整体術院(骨盤矯正写真)

関整体術院(骨盤・腰椎調整写真)

骨盤矯正
骨盤は、家でいうと基礎の部分。
歪むと脊椎(家でいうと柱)まで歪みが生じます。
腰椎調整
腰椎から順に、胸椎・頚椎の歪みを調整。
脊椎の歪みは内臓の機能低下に連がります。
写真は、整体療術(全身整体)の一部です。

〜お子様にも安心の優しい施術です。〜

関整体術院(関節操作写真)

関整体術院(脊椎調整写真)


足つぼ反射区療法
 現在、当コースは、不妊症対策で当院をご利用中のお客様のみの受付となります。
 初めてのお客様や、不妊症対策以外での受付は行っておりません。ご了承ください。
 ≫『不妊症対策』ご案内ページはこちらからどうぞ。

スチームフットバス
スチーム式のフットバスで、つま先から膝まで、
くまなく温め血行を促進します。

足つぼ押圧
TVのような荒療治ではありません。
イタ気持ちいい刺激で、婦人科機能をはじめとする
内臓機能を整えます。


耳つぼ反射区療法;耳つぼダイエット
私達の小さな耳には、片耳166ものつぼが集まっていると言われています。
このつぼを刺激して、体の不調を取り除くことは、紀元前4〜2世紀の頃から知られてきましたが、
フランスの医師P,ノジェーが解剖的見地から行なった研究で一段と発展しました。

関整体術院(耳針探測写真)

関整体術院(耳つぼ施術写真)

耳電探測器で、正確なつぼの位置を探ると共に、
身体のバランスと、内臓諸機関の機能を計測し、
隠れた不調の原因を突き止めます。
症状改善に必要なつぼに、粒針を貼ってゆきます。
粒針による継続刺激により、不調の原因となる
機関の改善を効率的に促します。
■粒針とは?
目立たない透明のテープに金属の粒をつけたものです。
針のように皮膚に刺すものではないので、針治療に抵抗がある方でも、
安心してご利用頂けます。

施術としては、身体の諸機関の機能が落ちると、つぼに反応が現れます
ので、その反応点に粒針を貼り付けて、機能の改善を図ります。

関整体術院(粒針写真)

■耳つぼダイエット
自然と食欲を抑えるつぼや、消化器官の機能活性、ホルモンバランスの調整の他、
ストレス・イライラを抑えるつぼに低周波を当て、粒針を貼っていきます。
※多くの耳つぼダイエット店では、高額なサプリメントを勧められ、費用も数十万円かかるそうですが、
当院では高額サプリメントなどの無理な勧誘はしておりません。ご安心ください。。。
■症状別耳つぼ反射区療法
低周波と粒針の施術はダイエットとかわりません。耳つぼダイエットはかなり有名ですが、この療法も様々な
症状に効果大なのです。薬を使わないので副作用の心配なしと安心療法です。
特に、不妊症や花粉症では、多くの皆様からご好評を頂いております。
例)高血圧・低血圧・高脂血症・めまい・花粉症・便秘・下痢・生理痛・生理不順・不妊症・ぜんそく・
アトピー性皮膚炎・にきび・湿疹・肩こり・腰痛・腱鞘炎・車酔の予防・各種症状の鎮痛など

当整体院のご案内

群馬県高崎市浜尻町676-13 関整体術院


▲pagetop