・熱いタオルが冷めてゆく・・・この時の温度差によって血液循環を促進!

ここでは【蒸しタオル】を使った簡単自己整体法をご紹介します。



☆蒸しタオルは重要な役割を果たします。
蒸しタオルによる自己整体法は、体操と並んで重要なもの。
蒸しタオル整体法は温熱療法の一種で、痛みや不快のある部分に蒸しタオルを当て、症状を和らげる方法です。
熱によって血液循環を上げる他、こもってしまった芯熱を
発散する役割も果たします。

☆温度差に意義あり!
冷シップは冷やすのみ、温シップは暖めるのみですよね。
蒸しタオル整体法は、まず熱い蒸しタオルを患部に当て、
冷めたら取り替えることを何度か繰り返します。
この時に起こる【熱⇒冷】への温度差が重要な意味を持ちます。
熱い時は、筋肉の硬直を緩め血行を促進し、冷めた時は、

血管を締めることにより、筋肉や血管をマッサージしている

ようなものなのです。
一定の温度での刺激よりも、

より高い血行促進効果が得られます。

当院患者様にも大好評の蒸しタオル整体法
 大会間近の運動部の学生さんをはじめ、
 自宅で出来る方法としてお教えしてまいりました。
 もちろん、歪みの調整効果などはありませんが、
 日常のセルフケアとして続けていただくことで、
 未然に大きな故障を防ぐ効果もあるのです。
 筋肉、いえ身体は柔らかさを維持していたいものです。

☆蒸しタオルのつくり方−1
1;普通サイズで、できれば厚手のものが適しています。
2;タオルを熱湯で充分にひたして、しぼります。
※タオルを絞る時に、やけどに注意してください。

☆蒸しタオルのつくり方−2
1;タオルに充分に水を含ませます。
2;軽く絞り、電子レンジで1分〜1分半ほど加熱します。
※タオルを取り出す時に、やけどに注意してください。
再度暖める時は、上記方法を繰り返してください。
また、再度準備をする時は身体を冷やさない様に、
タオルを当てた患部の水分はよく拭き取っておきましょう。
※患部にタオルを当てる時、やけどに注意してください。

TOPICSへ

Copyright(c) 2004 関整体術院. All rights reserved