群馬県高崎市【関整体術院】
- SekiSeitai Blog -

当院からのお知らせ・健康情報等をUPします

ユーザ「関整体術院」の投稿43件]6ページ目)

2023年8月 この範囲を時系列順で読む(関整体術院の投稿に限定) この範囲をファイルに出力する

【梅干しの効能】
熱中症予防の塩分補給にも有効な梅干し。
梅干は、色々な健康改善作用を併せ持つ健康食品です。

梅干は『食物の毒』『血の毒』『水の毒』の3毒を断つと、昔から言われており、以下の効能が期待できます。
1.血液浄化
2.活力増進
3.殺菌効果
4.老化防止
5.疲労回復

これらはそのまま食しての効果。私はこれで充分です。
が、下記のようにドリンクタイプにして摂るのも美味しくてお勧めです。

梅干緑茶
梅干は胃腸を整える働きをします。
種を除き果肉をよくすります。次に緑茶の粉末を少し入れてお湯を注ぎます。
酢を少したらすと、さらに下痢・便秘に効きます。(緑茶に含まれるタンニンに下痢止め作用があります。)

梅干ドリンク
梅干の酸味は食欲を増進させるので、食欲不振や夏ばての予防に役立ちます。
梅干2、3個の種を取り除き果肉をすりつぶします。
次に黒砂糖を小さじ1~2杯、お湯200mlを入れてかき混ぜて飲みましょう。

暑い夏を乗りきる為に、1日1個の梅干習慣いかがですか

健康情報

【お盆期間中の予定について】
お世話になります。
お盆期間は、下記スケジュールとさせて頂きます。

11日(金祝);通常営業
12日(土);通常営業
13日(日);12時終了
14日(月);休院
15日(火);休院
16日(水);10時~12時 / 14時~18時にて営業

詳しくは、当院公式サイト『今月の予定 』にてご確認ください。

休院等ご不便をお掛けいたしますが、宜しくお願いいたします。

お知らせ

2023年7月 この範囲を時系列順で読む(関整体術院の投稿に限定) この範囲をファイルに出力する

【夏の過ごし方で秋が変わる】
猛暑日が続き、エアコンが欠かせません。
結果、心掛けていないと汗をかきにくい生活になってしまいます。

本来、夏は暑さにより発汗が促進され、自然と身体が調整されます。
その為、病気やトラブルは比較的少ない時期ですが、エアコンの効いた室内でずっと過ごすのは、自ら体の調節機能を衰えさせてしまうようなものです。
そして、汗をかかないでいると腎に負担が掛かり、秋冬に不調を起こしやすくなります。(冷たいものの摂り過ぎも同様です。)

熱中症に気を付けながら、比較的涼しい時間帯に運動したり、シャワーで済まさず入浴することで、どんどん汗をかきましょう。
汗をかくことで、腎の負担を軽減できれば、秋バテ防止につながります。

ただ、現在は熱帯夜が続くこともしばしばですから、上手にエアコンを使うことが重要ですね。
 また、汗をかいたきり水分補給を怠っていると、血液がドロドロになってしまいます。
適度な水分や塩分の補給を心掛けましょう。

健康情報

【高校野球応援での熱中症にご注意を】
連日、熱戦が繰り広げられています。
グラウンドの球児達はもちろんですが、吹部をはじめ応援団の皆さんも猛暑の中、頑張っています。

私も娘達が吹部でしたので、当時は球場に駆けつけていました。
ある時、朝から連続施術ををこなし、食事も水分補給もせずに球場に駆けつけ、試合中盤に「今立ちあがったらヤバイ」と言う状況になり、妻に「スポドリ買ってきてくれ」と頼むも売り切れ、代わりに「塩分を含んだドリンク」を補給し、立てそうになってから日陰に移動し、事無きを得た経験があります。
私が日陰に避難している間に、別の保護者さんが救急車で運ばれたようです。
次戦応援からは忙しくてもゼリー飲料だけでも摂って出掛けるようにし、熱中症らしき症状に襲われることもなくなりました。

経験者としても、くれぐれも下記ご注意頂きたいと思います。
1)食事は必ず摂る。(時間なければゼリー飲料だけでも胃に入れる)
2)水分・塩分を適宜補給する。(キュウリの浅漬けなども美味しいですよね)
3)やばいと感じたら、早めに日陰へ避難する。
4)帽子を被る。アームカバーや長袖で日焼け予防もする。
5)その他、冷えピタやうちわ、ハンディ扇風機など活用。

球児達、吹部や応援する皆様が体調崩すことなく熱い夏を過ごせるよう、心より願っております。
20230717090128-sekiseitai.jpg
20230717090146-sekiseitai.jpg

健康情報

【冷え・むくみについて】
暑い日が続きます。
熱中症対策も大切ですが、反面、エアコンによる冷えにお悩みの方も多く見受けられます。
特に女性に多く、ホルモンバランスの変動も重なり、むくみが酷くなることも…。

冷えは様々な不調を誘発しますので、極力予防したいものです。
冷え性、むくみの対策についてまとめましたので、お時間ございましたら下記URLよりご覧ください。

冷え性についてはこちら
むくみについてはこちら

お知らせ,健康情報